折鶴亭美郷 公式ブログ

「日本一美しい折り鶴」を目指して努力し続ける折り鶴作家、折鶴亭美郷のブログです

6月の新規作品のラインナップにつきまして

折鶴亭美郷(おりづるていみさと)制作作家ブログに遊びに来てくださり、誠にありがとうございます。いつもとても嬉しく思っております。

 

本日は、今後(2021年6月以降)の作品ラインナップにつきまして予定している事をお伝えしようとブログを更新しています。

 

新しく販売を予定している作品につきまして

2021年6月3日現在で、新しく販売を予定している作品達について少しばかりご紹介させてくださいませ。

 

・色めく恋桜の折り鶴 (神前式、和装婚折り鶴シャワー演出・和風撮影小物)396(400)羽

こちらは現在お出ししております「色めく恋桜の折り鶴 (神前式、和装婚折り鶴シャワー演出・和風撮影小物)130羽入り」のボリュームアップ版となります。

shop.orizurutei-misato.com

 

私もとても気に入っていて、YouTubeに制作動画を現在3本投稿しています。

またCreema様のオンラインイベント「どこでもハンドインジャパンフェス(HMJ)」(2021年2月27日・28日開催)の企画「春のお花特集」にも取り上げていただいた、応援のお声が多い作品でもあります。

 

折鶴亭美郷Twitter(@orizurutei)では、制作途中にこんなツイートをしています。

 

 

羽数につきましてはバランスを見つつ最終調整をしている所ではありますが、花嫁様を引き立たせる色遣いについて自分の中での気づきを得た瞬間でした。

色の奥深さ。その人への馴染み方。

今後デザインを考える際に重視していきたいポイントの一つとして捉えています。

 

TwitterはInstagramよりも少し気軽に私が制作中に感じた事などを更新しておりますので、当ブログと合わせて作品の続報を是非楽しみにお待ちいただけましたらとても嬉しく思います。

 

折鶴亭美郷Twitter

twitter.com

 

その他、予定しております作品につきまして

 

ここからは発売は夏以降にはなるものの、コツコツと制作に打ち込んでいる作品についても少しご紹介しますね。

折鶴亭美郷の既存のラインナップにはあまりなかった、無地の各種紙を使用した限りなくシンプルな「ベーシックシリーズ」を何回かに分けて発表しようと企画を進めています。

 

柄入りの作品は制作がとても楽しいのですが、究極にシンプルな物で攻めたい!と決めた自分の中で最近とても熱い企画です。

こちらにつきましても宜しければ楽しみに続報をお待ちください。やりがいを感じる企画です。非常に燃えています。

 

 

皆様にたくさん愛されてブランドごと成長していっている日々をとても嬉しく、愛おしく感じております。

今後も折鶴亭美郷(おりづるていみさと)を応援して頂けましたら幸いです。

 

 

スポンサードリンク