折鶴亭美郷 公式ブログ

「日本一美しい折り鶴」を目指して努力し続ける折り鶴作家、折鶴亭美郷のブログです

「モダン和柄の折り鶴」再販分、制作進捗1月31日分まで(2月12日追記)

 

 

 

「モダン和柄の折り鶴」制作進捗(~1月31日分)

現在、「モダン和柄の折り鶴」の2月19日再販分の制作を進めています。

当初2月20日とお知らせしておりましたが、縁起を考慮し1日繰り上げる事に致しました。

柄のご紹介もちょうどしたかったため、1月分までの進捗状況を撮影してみました。

f:id:orizurutei:20200201105732j:plain

モダン和柄の折り鶴 制作中進捗1

f:id:orizurutei:20200201105744j:plain

モダン和柄の折り鶴 制作中進捗2

f:id:orizurutei:20200201105757j:plain

モダン和柄の折り鶴 制作中進捗3

写真3枚目の一番手前の黒ベースの折り鶴は仕上がりが荒いので最優先でのリテイク対象ですね。

「日本一美しい折り鶴」を掲げ、目指し続けているので己には厳しくありたいです。

 

ご予約の形でのご注文も現在受け付けておりますので、もしご希望の際は宜しければ以下からお申込みくださいませ。

shop.orizurutei-misato.com

やる気がより増しますので、ご予約はとてもありがたいです。

※今作はcreema様、minne様でもご案内しております。普段使い慣れていらっしゃる所からのお申込みで構いません。

また、今回の再販は一点のみになりますので終了次第締め切りとさせて頂く予定でおります。

(折鶴亭美郷ブランドサイトが一番早く対応可能なため、作家本人としては上記リンクからのお申込みがとてもありがたいです)

 

神前式・和装婚の折り鶴シャワーに最適化したサイズでの作品となっております。

宜しければ同作品についての思いを綴ったショップ内ブログと一緒にご覧くださいませ。

shop.orizurutei-misato.com

 

BASE Mag.を更新しました

受注制作での千羽鶴用折り鶴につきまして、ショッピングメディア「BASE Mag.」に新しく記事をしたためました。

thebase.in

ショップ内ブログ(こちらの制作ブログとは別のブログです)からも同じ記事がご覧いただけますがお知らせとご紹介をさせていただきますね。

 

BASE Mag.に掲載していただく記事は、こだわるポイントを自由に決めて書けるこのブログとは少し違った視点・書き方で、いつも書かせていただいております。

 

同じ視点で記事を書くと掲載先を分ける意味もなくなってしまいますし、こちらの制作ブログは「とにかく和紙が好きでストイックな折り鶴作家の(比較的)自由に制作について語る&解説するブログ」の方向で進めていますので、BASE Mag.とショップ内ブログは作品をお迎えして使っていただけるお客様の目線になるべく寄り添えるように毎回頭をフル回転してしたためるよう努めております。

 

自分の作品をどんな方に、どのように使っていただいて、そこにどのような利点をもたらせられるか、どんなメリットを提供できるかについて、改めて考え直せる大切な機会でもあります。

 

これからも、どちらの視点も大切にしていきながら折鶴亭美郷として日常の中に折り鶴を取り入れるスタイルのご提案をし続けていきたいと思っております。

 

まずは「モダン和柄の折り鶴」の完成とリテイク分を、再販予定日まで全力で頑張ります。

進捗は撮影の時間が許す限り当制作ブログに上げていきますので、宜しければまた遊びにきてくださいましたらとても嬉しいです。

 

【スポンサードリンク】