折鶴亭美郷 公式ブログ

「日本一美しい折り鶴」を目指して努力し続ける折り鶴作家、折鶴亭美郷のブログです

作品リメイクと価格設定についての複雑な事情

 

今、この「モダン和柄の折り鶴」のリメイク・ブラッシュアップ作業を全力で行っております。

shop.orizurutei-misato.com

 

※千羽鶴用折り鶴の受注制作は、こちらのリメイクにより直ぐに取り掛かる事が出来ないため一旦掲載を取りやめております。

 

 

ショップの方もご覧になって下さっている方はお気づきになっていると思いますが、こちらの作品は頒布価格が頻繁に変わっております。

今回はそのご説明をしたくブログ記事としてまとめています。

 

やっかいな性格との闘い

リニューアル前から、折鶴亭美郷は周囲から見たら安いとは言えない価格設定になっています。

以前ブログかtwitterでお話しした覚えがあるのですが、これには私が抱えるやっかいな問題が大きく関わっております。

 

それは、掲げている価格に気持ちが引っ張られて本来なら出せるはずのパフォーマンスが出せなくなってしまうこと。

 

簡潔に言えば、価格を抑えようとするとクオリティがガクンと落ちてしまうのです(この現象を専門用語でわかる方がいらっしゃったら是非教えて頂きたいです)。


決して価格に合わせて手を抜いているわけではなく、「自分の価値ってこんな程度なんだ…」と落ち込んでしまい制作にダイレクトに影響してしまうのです。とてもやっかいで苦しい問題です。

 

今「モダン和柄の折り鶴」を、洋紙の切り出しの過程からリメイクしている理由は、上記の理由によって質が落ちてしまった物をこのままお嫁に出すわけにはいかないからです。

 

価格を見て下さっている側からするときっと混乱してしまうし信用もなくしてしまうとはわかっているのですが、いろんな価格をつけてみて、それに対し折り鶴の質をどこまで出せるか(キープできるか)確認している過程にいます。

 

この辺りがまだまだアマチュアですね…

 

頒布できる頃には正式な価格を出せると思うので、もうしばらく未熟者の試行錯誤にお付き合い頂けると嬉しいです。

 

 

また、作品紹介記事はショップ内ブログだけではなくBASE Mag.様にも掲載して頂いております。

thebase.in

折り鶴シャワーについて、このブログより詳しく、そして少し気合いを入れて紹介をしておりますので興味を持って下さった方は是非ご覧下さいませ。

 

 

スポンサードリンク