折鶴亭美郷 公式ブログ

「日本一美しい折り鶴」を目指して努力し続ける折り鶴作家、折鶴亭美郷のブログです

作家雑務について・12月がやってくる

 

いつもお世話になっているBASEさんからプレゼントを頂きました

 

f:id:orizurutei:20181130212224j:plain

ラッピング資材〜!!

偶然同じものを既に持っていましたが(笑)、私が自分で購入した時はプラスチック独自の香りがなかなかとれなくて風通しに苦労したんですよね。

BASEさんから頂いたものはしっかり香りがとれておりました。流石!

ありがたく使わせて頂きますね。BASE運営様、無事に受け取りましたよー!ありがとうございました!

 

サポートが充実しているBASE

BASEさんって結構私たちのようなショップへの待遇が手厚くて、ショップからの希望があれば、こういったラッピング資材のプレゼントや、プロによる商品撮影サービスまでして下さるんですよ。

写真撮影…(ごくり)

私は作り手を兼ねているので、どうしてもいつも「こだわった部分を写したい!」とか「ここを見て!」という部分ばかり撮影しがちなので、一度プロに撮ってもらって客観的に自分の作品を見るのもいいのかもしれませんね。 検討してみようかな?

 

もし撮影をお願いする場合、私側が注意しなきゃいけない事がいくつかありました。

  • どういう写真にするか指定はできない
  • 長辺50cm以内である事
  • 組み立て、組み合わせなければいけない商品は不可

かなり私の作品には不利な要素がありますね。

長辺が50cm以内だったら私もこんなに苦労はしていないです(笑)

そして折り鶴は組み合わせてなんぼのものなので引っかかっちゃいますね。残念…

 

やはり自分の撮影スキルを磨くのが一番かー!

Googleで検索したら商品の撮影代行サービスをしている会社もたくさんありましたが、ものづくりみたいに自分(作家)と作品が一緒に成長していくような特色のものにはあまり向いていなさそう。

でもプロからのアドバイスも受けたいな。となると、minneさん等のハンドメイド作品販売サイトのお勉強会に勇気を出して行ってみるのも良さそうです。

それか、幼い頃からお世話になっているカメラマンさんに相談してみようかな。

周りの意見を吸収して成長したいお年頃(?)です。

 

ものづくりで食べていけるものなのか

折り鶴の制作に関係の無い事で気になっている事がこれです。

私の弟が「今の職場が嫌で他業種に転職したい」と言ってくるのですが、私こそ今の状態でいいのかすごく悩みます。

 

仕事から離れて始めた折り鶴作家活動。

折鶴亭美郷としての活動は一日24時間ではとても足りないくらい、こなさなきゃいけない事がたっぷりなので専業にしましたが、果たしてこれからもずっとやっていけるものなのかなと少し不安になったり。

ネットを漁っても、趣味や副業感覚でやっている方の意見がほとんどなので参考になるヒントがなかなか見つかりません。

 

だから私が実行して、世の中の好きな事を仕事にしたい人の為に書くんだよ!

そういう思いもあってこのブログを運営しています。

 

作品に興味を持ってくださる方には「そういう記事は正直いらない」と思われていそうですが(実際、作品関係ページの方が伸びていますし)、チャレンジャーとしての「みりこ」も発信していきたいのです。

ものづくり業界を、前人未到の世界だと思ってザクザク開拓していきます。

弟にも早く何かヒントが見つかるといいな。

 

そして明日から12月…!帳簿を整理しつつ、年を跨ぐ時に作家がやらなきゃいけない作業について早く学ばなければ!

 

スポンサードリンク